ビンゴになった人の景品の数の決め方

結婚式の二次会では、ビンゴゲームをすることが多いですが、
その際に幹事さんが悩む点の一つに、
景品の数や決め方があると思います。

まず、全員分用意した方がいいか。これは最初に悩むところですよね。

二次会の企画の際、参加費を集めると思うのですが、
新郎新婦ともだいたいの予算について
話し合ってみるのもいいかもしれません。意義のあること

その中で、余ったお金を景品代に回しましょう。
余裕があるなら全員分用意しても良いですが、
豪華商品があると皆のテンションもあがり、喜ばれるもの。
上位何人か分にしぼって用意するのもいいでしょう。

ビンゴゲームで人気の景品に、ホテルの食事券やディズニーランド、
ユニバーサルスタジオジャパンの入場券、個性的なところですと
お肉、というのもなかなか喜ばれます。

お食事券ですと、遠方から来ている方も多いでしょうから、
全国で使えるものを準備しましょう。

金券でもいいですが、コース料理をあらかじめ決めておいてあげる方が、
あたった方の余分な出費も不要ですし、おすすめです。

予算に余裕がなければ、ランチでもいいと思います。嬉しさで笑顔に

ビンゴマスター

ビンゴ景品で持ち帰りにくいものは目録で

結婚式の二次会でのイベントとして定番であるビンゴ。
全員が参加できて盛り上がりますし、なにが当たるのかワクワクするものです。

景品にもさまざまなものが用意されていますが、たとえばディズニーランド・
ディズニーシーのペアチケットやUSJのペアチケットなどは、
高額商品の中ではうれしいものではないでしょうか。会の途中で

また絶対使えるものとして、商品券や図書カードといったものもよいです。

これらの景品の場合は、かさばらないし、持ち帰りも全然問題ありません。
しかし、ビンゴではときに思いもよらないものが当たることもあります。

例えば、美顔器や加湿器・ティファールといった小型家電製品、
ビールやワインなどのお酒類などです。思いもよらず

二次会に出席する人のほとんどは結婚式から参列していることが
多いですので、すでに引き出物というそれなりにかさばる荷物があります。

それに加えてこういった大型の景品が当たってしまうと、うれしいけど
持って帰るのがちょっと面倒だなという気持ちになってしまいます。

ですので持ち帰りにくい景品を提供する場合は、目録を用意しておいて
その場ではそれをお渡しし、後日自宅に送るという形をとるほうがスマートです。

ビンゴマスター

忘年会や二次会の景品で活用したバラエティグッズ

疲れを癒やしに行く忘年会やその二次会は、集まった人全員が、1年間の疲れを落とし、
お互いの健闘や努力を讃えたリ、来年も仲間として
宜しくとする場ですから、その会の意味を貫くものにするのが
いいはずです。

そういうことからすると、会の半ばとか終わりに近い二次会で行う
抽選会などの景品も、一工夫し、会を盛り上げるように
演出したいところです。

もちろん、海外旅行など思いもよらない忘年会景品が
用意できれば、それに越したこともないのですが、
普通は、取引先からのお歳暮や、何かのときに余った品物とかを
忘年会や二次会の景品に回すということになるのでしょうから、
それに加えて予算お許す範囲で、みんなの愛好が
崩れるようなものも集めておきたいところです。グッズを集めに

それからすると、バラエティグッズなどが適切ということができます。
予算との関係に寄りますが、少なければ100円ショップで調達しても、
結構いい忘年会景品となります。

最近は優れものも多く、プラスティック製のカツラ、変装用の
衣装などをはじめとして、家族パーティなどに使えるものもあります。

それこそ、シンプルなビンゴ用セットなどびっくりするものもあります。
その他では、簡単な手品セット、ダーツセット、罰ゲーム用サイコロ、
キャラクターグッズ、おもしろ文房具などなど様々なものがあります。

その場で開けて使えば、捧腹絶倒というようなことも起こりますし、
家に持ち帰りお子様たちのお土産になるものもあります。

いずれにしても、バラエティグッズは、当たったときに上手に紹介すれば、
そのこと自体が会の盛り上げにも役立ちます。

ビンゴマスター