二次会の景品は低予算で種類を揃える

一次会は形式張っていて苦手だけれども、二次会は自由に盛り上がることが出来て好きだという人も多いですよね。
確かに一次会はそれ自体を開催することに意義があるといった感じのものが多いですが、
二次会は楽しむことを目的としている物が主となります。
そのため、ビンゴ大会などのゲームを楽しんだりすることが出来るのも、二次会の楽しみだったりするものです。

そして、そのようなゲームをするときに欠かすことができないのが景品です。
景品がなくても盛り上がることが出来るゲームはたくさんありますが、景品が出るとなると
よりいっそう盛り上がること間違いありません。
しかし、あまりお金をかけることができないという時には、低予算でいろいろな種類のものを揃えてみてはどうでしょうか。
豪華なものが当たらずとも日用品などの普段使いが出来るようなものを揃えておけば、当たった人も
悪い気はしないだけに何も用意をしないよりも二次会を盛り上げることができるのです。

ビンゴ景品で持ち帰りにくいものは目録で

結婚式の二次会でのイベントとして定番であるビンゴ。全員が参加できて盛り上がりますし、なにが当たるのかワクワクするものです。

景品にもさまざまなものが用意されていますが、たとえばディズニーランド・ディズニーシーのペアチケットやUSJのペアチケットなどは、高額商品の中ではうれしいものではないでしょうか。また絶対使えるものとして、商品券や図書カードといったものもよいです。

これらの景品の場合は、かさばらないし、持ち帰りも全然問題ありません。しかし、ビンゴではときに思いもよらないものが当たることもあります。例えば、美顔器や加湿器・ティファールといった小型家電製品、ビールやワインなどのお酒類などです。

二次会に出席する人のほとんどは結婚式から参列していることが多いですので、すでに引き出物というそれなりにかさばる荷物があります。

それに加えてこういった大型の景品が当たってしまうと、うれしいけど持って帰るのがちょっと面倒だなという気持ちになってしまいます。

ですので持ち帰りにくい景品を提供する場合は、目録を用意しておいてその場ではそれをお渡しし、後日自宅に送るという形をとるほうがスマートです。

ビンゴになった人の景品の数の決め方

結婚式の二次会では、ビンゴゲームをすることが多いですが、その際に幹事さんが悩む点の一つに、
景品の数や決め方があると思います。

まず、全員分用意した方がいいか。これは最初に悩むところですよね。

二次会の企画の際、参加費を集めると思うのですが、新郎新婦とも
だいたいの予算について話し合ってみるのもいいかもしれません。

その中で、余ったお金を景品代に回しましょう。
余裕があるなら全員分用意しても良いですが、豪華商品があると皆のテンションもあがり、
喜ばれるもの。上位何人か分にしぼって用意するのもいいでしょう。

ビンゴゲームで人気の景品に、ホテルの食事券やディズニーランド、
ユニバーサルスタジオジャパンの入場券、個性的なところですとお肉、というのも
なかなか喜ばれます。

お食事券ですと、遠方から来ている方も多いでしょうから、全国で使えるものを準備しましょう。

金券でもいいですが、コース料理をあらかじめ決めておいてあげる方が、
あたった方の余分な出費も不要ですし、おすすめです。

予算に余裕がなければ、ランチでもいいと思います。

二次会の景品の目玉商品について

結婚式の二次会へ参加している人の多くがビンゴ大会などでの景品を楽しみにしています。その場に足を運んでくれた人があっと驚くような素敵な景品を用意しておくべきです。

今日ここへきてよかったなと思ってもらえることはとても重要なことです。二次会で驚かれるような目玉商品といえば、普段自分ではなかなか購入することができないものです。

特に、テーマパークのパスポートや、温泉旅館の宿泊チケットなどは喜ばれるものです。旅行というものは、きっかけがなければなかなか気軽にできないものです。

お金も時間もかかるので、二次会でプレゼントされるとどんな人でもうれしいものです。
華やかなお祝いのパーティーにふさわしいプレゼントでもあります。

会場へ足を運んでいる多くの人が絶対に欲しいと感じてもらえる景品でもあります。品が良く、だれにあたっても喜んでもらえるプレゼントを目玉商品にすることで、足を運んでくれた人もみんなハッピーな気持ちになれます。

お菓子は二次会の景品に最適

二次会の景品として喜ばれるものの1つにお菓子があります。もらって使い道のないものではなく、食べることも配ることもできて万人受けしやすい景品です。

お菓子といっても色々な種類があるので、二次会に参加する人数によって予算も決まってくるので、それに合わせて最適なものを選ぶようにするとよいでしょう。
また、来るゲストの雰囲気によっても内容を変えてみてもいいでしょう。

例えば、少ない20~30人ほどの少ない人数であれば、ビンゴなどゲームの景品として豪華なブランドのケーキやクッキーなどのセットなどは喜ばれます。

また、ウケ狙いとして1つだけ駄菓子の詰合せなどを入れておいても盛り上がります。ただしこれは人を選ぶので、参加者の内容を見て決めましょう。

また、ゲームで勝てなかった人にも配れるように、小分けにしたお菓子のセットを用意するのもいい方法です。
その他、二次会で定番の参加者全員へのプチギフトにも最適です。

万人に喜ばれるブランドスウィーツなどは安くはないですが、小分けにしてラッピングすれば低予算で可愛く変身させることもできます。

二次会のゲームで景品を出すなら金一封を

結婚式の二次会で盛り上がるのがゲームですね。
定番のビンゴゲームや新郎新婦とのじゃんけん、携帯電話を使用したものなど色々あります。

しかし、その景品に頭を悩ませる幹事さんは意外と多いのではないでしょうか。

二次会に出席する人がどんな人たちか全てを把握はできませんし、でも景品は盛り上がる、喜んでくれるものがいいですよね。

人気家電製品や、グルメギフト、遊園地の優待券などが一般的に多いですが、あえて金一封を入れてみてはいかがでしょうか。
金一封だと当たった人が欲しいものを購入できますし、準備にも時間がかかりません。

ポイントとしては実際の金額がどれだけ入ってるかは明確にしないのがポイントです。金額を明確にしてしまうと、生々しくなってしまう事があります。
それ以下の景品の価格の目安にもなってしまいます。

バラエティーショップなどで販売されている大きな熨斗袋に金一封と書かれているとゲーム感があって盛り上がりますよ。

二次会では体験ギフトを景品にするのが新しい

二次会の景品と言えば、生活家電や洋菓子、ジュースやスープの詰め合わせなど、食べ物や飲み物なんかがよく用意されるものですが、形として存在する物ばかりが景品ではありません。

二次会では、体験ギフトを景品にすると言うのが、新しいスタイルなのです。
体験ギフトと言うのは、エステであったり、ゴルフであったり、クルーズや温泉旅行など、何かを体験することができるギフトのことです。

さまざまな施設が掲載されている体験型カタログギフトと言うのが存在し、きちんとした形で紹介されていますから、ガイドブックを読んでいるような感覚で、自分の好きな物を選ぶことができるようになっています。

特定の施設のチケットをもらう形だと、そのジャンルに興味がなかった場合に、喜べなくなってしまうものですが、体験型のカタログギフトであれば、複数の中から選ぶことができますから、色々な好みの人に対応できると言う便利さがあります。
二次会に集まる人が性別も年齢もバラバラな時は、こういった物を用意しておくと役に立つものです。

Powered by Wordpress, Redesign Theme by Tioreo